JOKER JOE

人生において、何度か自分で「選択肢」を切らなければならないことがある。


しかし、この「選択肢」というもの、どこぞの試験などと違って、答えなんて誰も分からない訳である。
それが「正解」か「誤答」か、そんなものは引いてから何ヶ月、何年って過ぎないと分からないものなのである。
格好良い言い方をすれば、どんな「選択肢」であったとしても、自ら正解に出来るような生き方をすれば良い。
だけど、そんなスーパーマンみたいなことが出来る人も、そんな多くない。
っつうか、そんなことが出来るなら、誰もが「勝ち組」になる訳だ。


人それぞれ「選択肢」の切り方って、特徴があると思う。


・最善の選択が分かっていても、全ての選択肢を試す人。
・一発で最善の選択をしてしまう人。
・何となく、選んでしまう人。
・そしてやっぱり、引き直す人。
・トランプのジョーカーのような茨の道を進む、そんな選択肢を引いてしまう人。
・敢えて其れを引く人。
・引かない人。
・引いたものを「あー、やっぱあっちだったかぁー」って罵倒する人。


大体の人は、三番目でしょう。
今一番多いのが、そこから4番に移る人。
こういう考え方も、正直人それぞれだと思う。
一発で見つかる人や、それを答えにしてしまう人が勝ちかというと、そうとも言い難い。


肝心なのは、如何にいつまで、どこまで自分の現状に満足をしないかどうか。
其処には多少の言い訳もしていいと思う。
ただ、いつまでも言い訳して良いってことでもない。
其れと決めたなら、進むことを考えないとならない。
一番してはいけないことは・・・w


ちなみに俺は・・・多分ジョーカーを引くんだろうね。
うーん、それが楽しかったりする。
そこで現状を壊すような働きをするのが、一番性に合ってる。
[PR]

by yosuke0527 | 2006-09-25 22:04 | 独り言  

<< 公務員試験奮闘記 地学 公務員試験奮闘記 生物 >>