GRABBER ECCENTRIC

ようするに、最後だから一番最初に戻りたい訳だ。
高校一年生の頃、全く音符も読めず、譜面も読めなかった子供が、ただ「音楽が好き」という理由だけで吹奏楽に入ってパーカッションを叩いてた時。


あの頃、毎日が刺激で、毎日音楽をずっと考えていた。
今考えてみたら、「『フォルテッシモ=フォルテの時より強く』ってどういうことなんだろう?」なんて、考えても答えが出ないのに、そういうことをずっと真剣に考えていた。
滑稽かも知れないけど、そういうことばっかり考えてた。


どうしてそこでトランペットのハイ・Bが出なきゃいけないのか。
どうして木管より、金管の方が音が出ないのか。
楽器が縦を合わせるには、指揮者の何処を見なきゃいけないのか。
っていうか、「縦」って何だ?
何処を叩けば「バァーン」って音が出て、何処を叩けば「バァァァン」の音が出るのか。
どうしたら響くのか。
っていうか「響き」って何だ?
どうしてこのフレーズが必要なのか?
っていうか、これみんな聞こえてるの?
本当、今から考えると、馬鹿みたいなんだけどね。


けど、最後に来て、ああいった感覚がもう一度欲しくなった。
何遍も同じフレーズを叩き。
何度も総譜にチェック入れすぎて、読めなくなるまで書いた譜面を見つめ。
テープが擦り切れるほど聞いて。
それでも間違えても、今までがあるから全然悔しくない。
練習と本番は違う。
そんなこと、分かってるよ。


自分が必死になりたい。
まだ足りない。
死ぬほど音楽を考えてみたい。
自分なりに、何処まで考えられるか、詰められるか。
技術じゃなくて、バンドでやる意味を、もう一回考えてみたい。
バンマス=単にスケジュール合わせるだけ、スタジオ合わせるだけ、好きな曲をやりたいためにバンドを集めた張本人じゃなくて。
全パートを聞いて、楽しめる一番の位置にいるんだからね。


で、最後にそれが出来るかっていうと、微妙なんだけどねぇ・・・。
っつうか、「たかが俺程度の人間が、そんなこと言ってんじゃねぇよ」って思うけどねw
プロじゃないからね。
けどね、だから「楽しいだけ」で終わりたくも無い。
プロじゃなきゃ、こういうこと考えちゃダメ?(だと思う。だって、普通にうざい)


自分勝手やりたいんじゃないんだよ。
完璧とか、最高とか、正直どうでもいい。
フレーズを間違えたから、ダメとかじゃなくて。
ただ、今しか出来ないことをやりたい。
同じことをやるんじゃ、前例を越えられないし、それじゃ意味が半減してしまう。
過去は過去で終わらせるのも、良いんじゃないかと(別に人がどうしようが、あんまり関係ないけど。それは人それぞれだし。)。
それが美しいこともあるからねぇ。


その最後が、一番やったこと無いことをやりたい。
そのためなら、幾ら寿命がちょっと減ったって、別に構わないし。


さて、どうなることやら。




って、自分で読み返してみると、良く分からんな。
簡単に言えば、原点回帰がしたいのだ。
結構中途半端に音楽やってきちゃったしねぇ・・・。
うわ、うざ!!
でもねぇ、出来なきゃ出来ないで、終わってもねぇ。
それもそれでねぇ。
うーーーーーん。
あぁ、胃が痛い。
どうしてこう、もっと上手く切り抜けられないのだろうか?
本当、損な性格だと思う。


あー、何かプリン食べたいなぁ。
ねぇ?
[PR]

by yosuke0527 | 2006-10-09 00:13 | 独り言  

<< TOKYO CITY NIGHT あれ・・・? >>