焦り

って言うほどでもないんだけど、正直自分勝手出来るのって、後二年くらいだと思うんだよね。
世の中の流れって大袈裟に言うけど、今の環境が「そのまま」続くなんて、誰も思ってないよね?
多分周りの人間も、来年になったら転勤とか、それこそ家庭持つ人間も出てくるだろうし、何時までもこの状況が続くなんて、そんなw


ギターを始めた理由も、実はこれに近い。
ベースはあくまで人と合わせて初めて意味を成す楽器。
パーカッションも、そう。
誰かがいないと成り立たない楽器を二つもやってきたなんて、自分はなんて寂しがり屋なんだろうとww
メロディを奏でるにしても、ベースは流石に限度がある。
「自分の中で変わらないもの」が欲しくて、実はギターを始めた。
これだけは、自分が弾けば音が出るし、歌も出来るし、ソロ・・・別に興味無いけど。
また初心者だから、何にも弾けないけど、つい最近エアロのスコア買ったら、やる気が出た。


ギターは楽しい。
コード一つ一つを見ても、「あ、この指を外すとマイナーになるのか!!」とか。
9thを加えると、何か空気が違う、透明さが出るとか。
それをベースに還元していくと、フレーズの枠が広がる。


勿論これからもベースは弾くし、いずれビッグバンドで弾く夢は絶えず持ってる。
吹奏楽でも良い、いつかウッドベース買って、弾きたい。
パーカッションは楽器の制限があるから出来ないけど、やっぱ戻りたいんだよね。
吹奏楽、大所帯での演奏に。


いつも後悔というか、「当時の俺は何てへったくっそ!!!だったんだろう・・・」って思う。
今でも高校生の時のおいらを責めまくる。
あれを克服して、初めて楽器捨てられるんだろうね・・・。
何か話題が反れてるけど、おいらは楽器が、音楽が好きでやってると同じで、当時の吹奏楽の音楽に対する報いも篭めてる。
特に最初の一年に対しては、土下座して、それで死ねって感じのレベルだよね。
あれを許せないね。


っつうか、modeaを見に、一丸さんを見に行ってる理由も、実はこれが多少関係してる。
勿論一丸さんの音大好きだし、modeaも大好き。
もうね、本当ね、格好良いんだよ!!!(以下略)


ただ、心のどっかで「俺はずっと見続けて、当時の不甲斐無さを忘れちゃ駄目だな!!」って奮い立たせてるのもある。
だから一丸さんのパーカッションを見たり、聞いたりする度に、高校生の時に教えてもらった色々なことに、意味を見出せる。
大袈裟かもしれないけど、当時はさ。


で、何を言うんだっけ?


あぁそうそう。


出来たら来年、あと一年で良いから、同じ環境で、誰かが音楽をやり続けてくれますように。
何かそんな情報が入る度に、多少其処にいない自分が切なくなるのと同時に、別に自分がいなくても成り立つ世界があることを知り、其処で誰かが変わらず真剣に音楽をやってる、仲良くやってることが分かるだけで、嬉しいんだよ。


ささ、ジジイは寝るとしよう。



今日、まとまり本当ねぇなぁww
あぁー、身体が思うように動かない。
後二日、動け。
そしたら倒れて良いから、動け。
[PR]

by yosuke0527 | 2007-09-26 23:16 | 独り言  

<< 穴が 正直な話 >>