<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

MAI

LINKIN PARK at さいたま新都心でした。
とりあえず帰り道の中感想を。


オバオの盟友と参戦だが、案の定奴との待ち合わせは時間がギリギリ(笑)


最初のyellowcardを二曲聞けず、仕方ない。
固定席だと思っていたら、まさかのアリーナ。
既に日中ジムに行ってたうちにとってはかなりヘビーな立ち見、気合いで乗り切るしかありませんでした。
yellowcardはアルバムから偏りなくやってくれたお陰で、知ってる曲もあり、また新アルバムも買いたくなる曲だったね。


日本人好みのキャッチーなメロとパンクのリズムは、初見の人にも受け入れてもらえたかな。
かなりアリーナサイドでも好感触だったね、此れからのファンが出来たら良いなぁ。
若干ギターの音やバイオリンの音が聞こえ辛かったけど、演奏サイドが頑張ってたから良しでしょ。


来年O-EASTでワンマン、日本でも開拓頑張ってほしいね。


次がまさかの順番でDir en grey。
今までkorn(済まん、逆にならない(笑))とのヘッドライナーや海外でも人気があるとのことだから、かなり危ないライブになるだろうと危惧。
yellowcardで前に行きすぎたので、若干後ろに下がるも見える位置で定位置を決める。


この時盟友、既にはぐれる(爆)


っつうかyellowcardでアリーナはあんな盛り上がってたのに、みんなして棒立ち。
ちょっとは盛り上がってくれよ、美味しいフレーズとか沢山あるのに。
決して演奏自体は悪くなかったが、楽器全体の音量が悪すぎる。
京の声だけを全面的に出しすぎて、shinyaやtoshiyaのリズム隊の音量が出なさすぎる。
PAは何をしてるのかと。


ただDirサイドもMCは無し。確かに彼等の普段のライブを考えたら、当たり前なのかも知れないけど、仮にもゲストで出てるならMCの一つは必要だったかも知れない。
二階とか見たら、ちらほら、本当に少数だったけどヘドバン隊が。
乗りにくい、難しい曲もあったけど、中には何曲かはキャッチー……とも言える曲はあっただけに、温度差は残念ながら感じられたライブだったかな。


さて、そこからやっと本命登場。
命の危険を感じつつ、前へ………いけない!!
半分まで行って人間の壁にぶつかり、仕方なく其処で観戦。
正直一週間の間に3枚聞いたからどれが何の曲かなんて分からないんだけど、本当格好良かった。
っつうか音が半端なく厚い。ギター一本、ベース一本っていう編成で此所まで出せるのかぁ、凄い。
ファンもかなぁり盛り上がって、良い感じ。
洋楽アーティストお得意のカメラ、ビデオ撮影の嵐。
正直鬱陶しいんだけどね(笑)何が楽しいかと思ってしまいます。


殆んど休み無し、3枚のアルバムから偏りなくやりましたね。
なんだ、みんな好きなんじゃん(笑)
過去2枚より確かにキャッチーだし、ヤバさも無いかも知れないけど、ライブになると極悪ですわ。
批判の嵐だった3rd(俺には凄い適当なアルバムだけどね、格好良い)も、メッチャ盛りあがったし、名曲も全部やりました。


途中外人とスクラム組んだり、訳が分からん(笑)
音楽は世界共通だな、うん。途中ピアノとボーカルだけの曲で歌を聞かせたり。


ラストはfaint。
地面から足が離れまくり(笑)


さいたまスーパーアリーナだからもっとガンガンに音だしてほしかったけど、まぁ価値はあったね。
世界ってこうなるのかぁ。


帰りは盟友と近況を語る。
相変わらずのテンション。


明日も出掛けるぞー。
[PR]

by yosuke0527 | 2007-11-25 01:03 | 独り言  

この時期になると、「秋」を象徴するような曲を聴くと何かしんみりする。


あれからもう2年ですか、うちの一個上だと3年前とかになるんだね。
後定から。
2年っておかしいよね、本当。
もう今は昔ほどにCOCCOや天野月子の曲をやりたい(いや、天野月子は飽きるほどにやりたいけど)って衝動は無いけど、未だに当時の曲は聴けないね。
結構すんなり、自分の演奏してきた曲を聴ける人もいるけど、自分は全く駄目。
大体やった曲、下手したらずっと聴いてないかも。
天野月子は殆ど聞いてないなぁ、新しいやつしか聞けない。
COCCOもかな。


鮫とか花冠とか、後は焼け野が原とか、巨大獣とか。
虹もそうかな、というか後定でやった曲は殆ど聴いてない。
思い出が強いものに対して、どうにも「聞きたいけど、聞けない」って感覚かな。


巨大獣はキツイね。
あれから2年ですよ。
未だに当時のブログとか読んでも、やっぱ思い出すよね。
[PR]

by yosuke0527 | 2007-11-14 23:36 | 独り言  

KA

とりあえず、下に書いてあるやつは保留しておいて、他のネタを。


人が変わるということ。
何年もこのテーマを自分の中で考えてるんだけど、全然変わらないものもあれば、何故か変わるものもあって、その最たるものが「人」だと思う。
齢23歳にもなると、其れなりに多くの人と触れ合ってきてるんだが。
どうにも何年経っても変わらない奴もいれば、何故か数年で変わってしまう人もいる。


今でも一番ショックなことは、凄い仲良かった人間が一切喋ってくれなくなったとき。
最初は「今日は体調が悪いのかな?機嫌が悪いのかな?」って思うんだけど、どうやら違うんだよね。
どっかで自分がその人に対して「~はなぁ~」って言ったのが、どうやら物凄い歪曲されて伝わってしまったり、それを批判と受け止められてしまったり。
その誤解なんて解ける訳も無く、ただただ今でも日々が過ぎてしまっているな。
一生修復が出来ないものだろうし。


自分が人に対して何かを言う時。
それはその人が物凄い好きだから、言ってしまう。
これも反省するべき点なんだが、どうしても好きな人に対しては厳しく当たってしまったりする。
愛情の裏返しっていうか、面倒臭い人間だから、そういうことでしか表現が出来ない。


こんな性格故、言いたいこと、やりたいことは全部やってしまっている。
最近では、この個性を如何に殺すか、そんなことばかりを考えている。
人に嫌われるのも嫌だし、自分の言いたいこと、やりたいことが出来ないのも嫌。
このバランスが非常に難しいんだけど。


経験上、女性はどうやら大体の人間が、この個性を受け止めているのか、面白がっているのか、何年経っても扱いが変わらない。
それは非常にありがたいし、だからこそ、自分に女性が必要ってのもある。
多分どっかで割切ってくれてるんだと思うんだよね。
だから何年も会わなくても、一足飛びで時間を越えてまた話せる。


男性は本当に分からない。
毎回久々に会うのが怖いくらい。
中学くらいだと、やっぱ当初の自分のルーツって変わってないから。
あの時代から自分といる人間達は、何年経っても「彼らの中の俺=ある意味普遍的な俺」だから、大丈夫なんだろう。


唯一自信があるのは。
何年経っても、自分に関わってくる人間に対しては何にも隔てなく接していけること。
来るもの拒まずだからね、基本。
人に「変わるな!!」って言うことは出来ない。
だからこそ、自分だけは変わらないようにしてたいと。


そう思う。


本当、そう思う。


自分って何だ??って言えば、多分物凄い性格に引き出しがあるんだろうね。
その場所ごとでのキャラ。
だから、戸惑うんだろうなぁ。
最近音楽やってるときは、本当に今まで「あれほどワガママだった人間は何処行った!?」って位静か。
多分大学の人は、びっくり仰天だね。
物凄い扱い易い人間だと思う。
それは自分の楽器しか考えなくて済むようになったからだけど。


仕事してる時も、やっぱ今までとは違う自分がいる。

職場の同期といるときも、やっぱ若干違う。

大学、高校の吹奏楽、中学、家族。

何処を取っても、同じ自分はいなくて、ちょっとずつ違う。

けど、全部自分。
[PR]

by yosuke0527 | 2007-11-04 00:30 | 独り言